新型スープラの発売は今後の国産スポーツカーの未来を変えた!

トヨタが新型のスープラを発売した事が大きな話題になっています。

新型スープラはBMWの共同開発された車として話題になっていますが、デザインに賛否両論の意見が飛び交っています。

どちらかと言うとダサイと言う意見が多いように感じます。

私も個人的には、あまりかっこいいデザインとは思えません。

新型スープラ

しかし、このスープラは日本の歴史を変える可能性がある車だと思います。

トヨタも初めからわかってると思いますが、今の日本でスーパースポーツカーが売れるとは思っていません。

スープラで採算を取ると言う事は思っていないと思います、と言うより間違いなく赤字になるということはトヨタ自身が一番わかっていると思います。

それでもこのスープラを発売したことに大きな意義があると思います。

トヨタはまだスポーツカーを諦めていないぞ!!と言う大きな意思を世界に向けて発信したと思います。

日本では、スポーツカーは、ほぼ壊滅状態にあります。

スポーツカーは、「作らないから売れないのか?」「売れないから作らないのか?」と言うことが議論されますが、どちらにしろ今の日本ではスポーツカーが売れる事はほぼありません。

しかし、レクサスの一部のモデルやメルセデスやBMWなどの高級輸入車メーカーのスポーツカーは売れています。

逆に言うと、国産車で魅力的なスポーツカーが無いから、輸入車に流れる人が多いのかなとも予測されます。

でも、このスポーツカーをあきらめないと言うトヨタの大英断には、賛否両論あると思いますが国産車のスーパースポーツカーが生まれたと言う事は紛れもない事実なので、日本人は否定ばかりせずそれを素直に喜ぶことが大切だと思います。

この新型スープラがうまくいけば、日産のシルビアやマツダのRX-7などのスポーツカーの復活もあるかもしれません。

デザインの良し悪しはあるかと思いますが、このスープラには今後の日本車を左右する、非常に大きな意味があると思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする